河地修ホームページ Kawaji Osamu
http://www.o-kawaji.info/

王朝文学文化研究会 


文学文化舎


王朝文化論B (平成28年度)
~王朝文化の諸相と背景~


【概要】

この授業でいう「王朝文化」とは、平安時代、主として貴族社会に花開いた「文化」を指している。

平安時代は、言うまでもなく、平安京、すなわち現在の京都に「都城」が置かれた時代であるが、これを実行した天皇は「桓武天皇」であった。従って、本授業で扱う時代は、厳密に言えば、桓武天皇の時代(8世紀後半)から鎌倉幕府の成立(12世紀末)の頃までということになる。

9世紀初頭に入ると、桓武の皇子である嵯峨天皇を主導として、朝廷の文化は大きく唐風色に彩られたが、やがて、唐の弱体化もあって、国風文化の時代が到来する。国風文化は、10世紀から11世紀を通して大きく花開き、この国の文化の諸方面における原型を形成した。本授業で取り上げる「王朝文化」とは、直接的にはこの国風文化のもたらしたものが主流となるが、9世紀の諸事情についても検討しなければなるまい。

本授業は、王朝文化の諸相について、個別的具体的に取り上げ、その特質について考察する。


【スケジュール】

第1回:導入
第2回:「四月、祭のころ、いとをかし」(枕草子)―「賀茂神社」と「葵祭」
第3回:早良親王の祟り―御霊信仰の原点
第4回:比叡山にて―天台仏教から浄土信仰まで
第5回:石山寺・長谷寺・清水寺を探訪する―王朝貴族と観音信仰
第6回:内裏探訪―王朝貴族の公的空間
第7回:寝殿造りの内と外―「源氏物語絵巻」から
第8回:王朝文学と"斎宮(いつきのみや)"―『伊勢物語』『源氏物語』を中心に
第9回:"アマテラス"とは何か―伊勢神宮とその周辺を考える
第10回:王朝貴族の「別業(べつぎょう)」―「宇治」についての考察
第11回:『源氏物語』の「物の怪」―六条御息所はなぜ怨霊と化したのか
第12回:あだし野の露、鳥辺山の煙―王朝人の葬送
第13回:王朝貴族の「あそび」を考える《王朝貴族の管絃と舞の鑑賞》
第14回:奥州平泉にて(中尊寺・毛越寺)―"みちのく"の祈り
第15回:総括


【到達目標】

  1. 王朝文化生成の歴史的社会的背景を理解する。
  2. 国風文化としての王朝文化の特質について理解する。
  3. 王朝文化の"日本的なるもの"の醸成に果たした役割を理解する。

-◆-「講義余話」-◆-