河地修ホームページ Kawaji Osamu
http://www.o-kawaji.info/

王朝文学文化研究会


文学文化舎


瑠璃光寺

◆ お知らせ ◆

「妹のいとをかしげなりけるを見をりて」―妹よ(第49段)(R4.5.1)

『古今和歌集』のメッセージ(十一)(R4.4.27)

「日本紀などは、ただかたそばぞかし」―「螢」巻の「物語」論(三)(R4.4.10)

大い君の死について(二十)(R4.4.3)

「人待たむ里」―色好みの反省(第48段)(R4.3.21)

「巻名」を考える(五)―「夕顔」(R4.3.12)

「大幣の引く手あまたに」―「あだなる」男(第47段)(R4.2.27)

大い君の死について(十九)(R4.2.13)

「巻名」を考える(四)―「空蟬」(R4.1.30)

「いとうるはしき友」(第46段)(R4.1.15)

ドナルド・キーン先生の思い出―『源氏物語』は楽しい(R3.12.29)

「日本紀などは、ただかたそばぞかし」―「螢」巻の「物語」論(二)(R3.11.23)

「日本紀などは、ただかたそばぞかし」―「螢」巻の「物語」論(一)(R3.10.24)

『古今和歌集』のメッセージ(十)(R3.9.21)

『古今和歌集』のメッセージ(九)(R3.9.16)

大い君の死について(十八)(R3.9.9)

『古今和歌集』のメッセージ(八)(R3.8.28)

「ゆく螢雲の上までいぬべくは」―真の「いろごのみ」の物語(45段)(二)(R3.8.15)

「ゆく螢雲の上までいぬべくは」―真の「いろごのみ」の物語(45段)(一)(R3.8.1)

大い君の死について(十七)(R3.7.27)

「巻名」を考える(三)―「帚木」補遺、「園原」のこと(R3.7.18)


源氏物語小屏風絵